新型コロナウイルス感染症から回復された患者様の受け入れについて(令和3年5月12日)


●当院でも新型コロナウイルス感染症から回復された患者様の入院を受け入れることとなりました。

   現在、新型コロナウイルス感染症の増加によって全国的に医療体制が逼迫しております。
  その一因として新型コロナウイルス感染症から回復された患者様の転院先の不足が問題視
  されており、当院におきましても静岡県より患者受け入れの要請がございました。
   新型コロナウイルス感染症から回復された患者様の速やかな転院が、新型コロナ対応病床の
  潤滑な運用に繋がりますので、今後、当院では後方支援病院の責務を果たし、新型コロナ
  ウイルス感染症から回復された患者様の受け入れに協力いたします。


●転院された患者様から新型コロナウイルスに感染する心配はないのか、という疑問について

   厚生労働省が定めたガイドラインでは、新型コロナウイルス感染症から回復し、退院基準を
  満たした患者様は感染力がないとされております。
   また、県内の新型コロナウイルス感染者を受け入れている医療機関の現状について、静岡県
  に問い合わせたところ、新型コロナウイルス感染症より回復した(退院基準を満たした)患者様
  のうち、他の疾病により引き続き療養が必要な場合は、新型コロナ対応病床から一般の病床に
  転床し入院を継続されており、さらに、その転床された患者様から新たに陽性が確認された事例も
  ないというお返事をいただきました。
   このことからも退院基準を満たした患者様からの感染はまず無いと考えて良いと判断し、入院
  受け入れを決定いたしました。


●感染対策について

   新型コロナウイルス感染症から回復された患者様の受け入れに関係なく、当院では今後も感染対策を
  徹底して参ります。
   面会制限など、患者様・ご家族様には引き続きご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほど
  よろしくお願い申し上げます。



                                   医療法人社団健正会
                                   静岡アオイ病院
                                   院長 山本 修三